温泉タワケ2代目の、とりてつぶろぐ(鳥、鉄、風呂)

鳥と鉄道と風呂のブログです、レトロ、激渋、廃墟や旅行記なども♪各方面適当にノリと感覚で書いているので一部間違い等有りましたらご容赦下さい♪

鹿児島県 霧島市国分 岩戸温泉



f:id:jiffwatson:20180726223140j:image

泣く子も黙る霧島温泉の隅に、知られざる有名な?

名湯があるのです(≧∇≦)

鹿児島県霧島市国分にある岩戸温泉(≧∇≦)

 

由緒正しき正統派温泉です(≧∇≦)

スパ銭みたいな施設が多い中、こちらの温泉は100パーセント源泉掛け流し、カラン系も温泉の利用で全てを新鮮なお湯で賄っております♪

f:id:jiffwatson:20180726223248j:image

こちらは宿の入り口で、一泊4000円から宿泊できます♪

なぜここに宿を取らなかったのか(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180726223211j:image

入り口に入ると券売機があり、なんと大浴場露天風呂つきのお風呂が300円で入浴出来るのです(≧∇≦)

千円を越す施設も多い中、この価格にはびっくりです(≧∇≦)

そしてお湯の質にさらに驚くことになります♪

f:id:jiffwatson:20180726223220j:image
f:id:jiffwatson:20180726223227j:image

出入り口には成分表が貼ってあり、循環はしていないそうです(≧∇≦)

温泉ソムリエの資格を持つ方がいらっしゃるので、話を聞いてみるのも面白いですよ(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180726223319j:image

入り口はこんなかんじ(≧∇≦)

シンプルで清掃が行き届いております(≧∇≦)

小さいけど必要なものはそろっております(≧∇≦)

空調がちゃんと効いています(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180726223300j:image

浴室に入ると大きな岩風呂があります(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180726223336j:image

かなり透明度は高いですが、細かな湯の花も待っていて、鉱物臭、僅かな硫黄臭も感じられて、トロミがありさらっとしたお湯に地球のパワーをビリビリ感じます(≧∇≦)

最初アルカリかと思いきや中性で、塩素の香りも全くしません(≧∇≦)

そのわりに肌触りもよく、肌の弱い方でも無理なく入れる万能なお湯ですね(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180726223329j:image

シャワーも温泉利用です(≧∇≦)

水圧などもオッケーです(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180726223332j:image

温度調節もナメラティーでした(≧∇≦)

ただ、値段を考えたら当たり前ですが、シャンプー、ボディーソープの類が用意がないので、自分で持ち込むか券売機で入浴時購入しなければなりません♪
f:id:jiffwatson:20180726223156j:image
f:id:jiffwatson:20180726223215j:image

自然光もよく入り、気持ちがいいです♪

奥に露天風呂があります♪
f:id:jiffwatson:20180726223200j:image

お湯に関してはこちらの露天風呂の方が新鮮に感じました♪

匂いや湯の花の濃さが露天の方が多いです(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180726223137j:image

こちらも岩造りの岩戸温泉♪

オニヤンマが遊びにきていました♪

オニヤンマどころかトンボを見るのも久しぶりなワタクシとpcs氏は大興奮♪


f:id:jiffwatson:20180726223325j:image

久しぶりにのんびりと飽きるまで温泉に浸かっていました♪
f:id:jiffwatson:20180726223130j:image

のぼせてきたらベンチもございます♪
f:id:jiffwatson:20180726223127j:image
f:id:jiffwatson:20180726223308j:image

残念ながら景色はあまり見えません♪

絶景!をメインに楽しむ温泉をお求めの方は満足できないかもしれませんね(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180726223252j:image

当然水風呂も温泉利用です♪

一人入ると満員になる大きさです♪
f:id:jiffwatson:20180726223231j:image

一段階段になっていますが、外湯も内湯もかなり滑るので気をつけましょう♪
f:id:jiffwatson:20180726223340j:image

脱衣所はかごタイプ(≧∇≦)

エアコンがなくて暑かった(≧∇≦)

扇風機はあります(≧∇≦)

STAP細胞も有ります(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180726223149j:image
f:id:jiffwatson:20180726223204j:image
f:id:jiffwatson:20180726223235j:image

のどかな風景の一画に岩城温泉があります(≧∇≦)

隼人駅からタクシーで10分くらい?

1500円くらいです(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180726223144j:image
f:id:jiffwatson:20180726223239j:image
f:id:jiffwatson:20180726223304j:image

☆温泉評価表☆
国分5号泉
湧き出し地 鹿児島県霧島市国分姫城字砂子田3209-1

泉質 ナトリウム-炭酸水素塩泉(低張性、中性、高温泉)
源泉温度 57度
噴出量 127L/分 掘削、動力揚湯
加水 ×
加温 ×
循環 ×
塩素消毒 ×
お湯 ☆☆☆☆
湯上り感 ☆☆☆☆☆
施設 ☆☆☆☆
清潔度 ☆☆☆☆
コスパ ☆☆☆☆☆
ドライヤー風量 ☆☆
アクセス難易度 ☆☆☆
総合 ☆☆☆☆☆

住所:霧島市国分姫城3261
TEL:0995-45-4136
営業時間 6:00-22:00
休業日 第1火曜日
料金 大浴場300円、家族風呂600円-1500円

 

 

バスと鉄道でアクセスできる秘湯!天然塩サイダー 飛騨小坂温泉郷 巌立峡 ひめしゃがの湯

f:id:jiffwatson:20180811142552j:image

f:id:jiffwatson:20180804213951j:image

真夏のある日に

二人の少年が

ガリガリ君を拾いました

 

あっ!こんなところにガリガリ君が!

そいつをよこせ!

だめだ!俺が食うんだ!

 

という曲をガリガリ君作ってる会社に中1の頃送ったんですが、ボツにされた直後にガリガリ君の歌というのが世に出回ってパクられた感満載です(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180804214057j:image

岐阜から高山本線に揺られること二時間くらい(≧∇≦)

途中でバスの代替輸送やらなんやらがありまして、飛騨小坂駅に到着♪

風情のある駅で人も少なくて、のんびりしたところに来たなーと思いました(≧∇≦)

この飛騨小坂駅が、小坂温泉郷である濁河温泉、下島温泉ひめしゃが、湯屋温泉への玄関口となっています♪

湯屋温泉、下島温泉にはバスでアクセス可能です♪

濃飛バスが運行しています♪
f:id:jiffwatson:20180804214101j:image

濁河温泉は秘湯で有名ですが、ここから交通機関は無いようです♪

湯屋、下島温泉へのアクセスのために時刻表を貼り付けておきます(≧∇≦)

f:id:jiffwatson:20180805190618p:image
f:id:jiffwatson:20180805190614p:image

下呂バスセンターから出ているバスなので、下呂から行くことも可能なんですが料金も1000円程度になり高額なので小坂から乗ることをお勧めします♪

乗車率は、私たちの乗った便はほぼ貸し切りで、途中1-2人乗り降りが有り、ひめしゃが温泉で私とトラベラーdを含む3人が降りて、お客さんの居ないままバスは出て行きました♪

 

 


f:id:jiffwatson:20180804214039j:image

使われている車両はよく見る路線バスの汎用型で中型ですね♪
f:id:jiffwatson:20180804214032j:image

小坂駅前の整理券は21番でした♪
f:id:jiffwatson:20180804214001j:image

7キロ近い距離があるので運賃もそこそこ、時間にして15分程度ですが片道420円でした♪

高山本線濃飛バスも本数が少なく、帰りの便は14:12とあります♪

11:11に一本下呂方面のバスがありますが、慌ただしすぎるので無しと考えると、14:12のバスに乗るのが吉です♪

土日は運休する便もあるのでよくご確認下さい♪

周りには何もないので時間を持て余すかもしれません♪
f:id:jiffwatson:20180804214146j:image

施設には午前中にも関わらず割と沢山のお客さんがいました♪
f:id:jiffwatson:20180804214054j:image

ここは濁河温泉とならんでかなり評価の高い温泉ですので楽しみですね♪
f:id:jiffwatson:20180804214046j:image

外には飲泉できるところがあります♪

あまり美味しくはないです♪

炭酸塩味♪
f:id:jiffwatson:20180804214028j:image
f:id:jiffwatson:20180804214008j:image

玄関を入ると長い階段とエレベーターがお出迎え♪
f:id:jiffwatson:20180804214020j:image

営業時間の案内が目に入りました♪

割と遅くまでやっていて嬉しくなります♪
f:id:jiffwatson:20180804214112j:image

受付近くにはズラリと並んだお土産ものが♪
f:id:jiffwatson:20180804214015j:image

ロッカーはコインレス式でした♪
f:id:jiffwatson:20180804213955j:image
f:id:jiffwatson:20180804214105j:image

脱衣所も広くコインレスのため、無駄に100円を用意する必要はありません♪
f:id:jiffwatson:20180804214108j:image

シャワーの水圧は程よく、温調もそこそこ♪

リンスインシャンプーとボディソープが置いてあります♪
f:id:jiffwatson:20180804214201j:image

成分表です♪

やはり温泉の色からして鉄分が多いのがわかりますね♪

この温泉、湧き出したばかりの時は無色透明で、次第に酸化して赤茶色に変色するんですって♪

地球のパワーですね〜
f:id:jiffwatson:20180804214012j:image

ドライヤーは新しくきちんと保守管理されていて素晴らしいです♪
f:id:jiffwatson:20180804214050j:image

ほのかな苦味と塩味、メインの浴槽は加温されているので炭酸は抜けていますが、源泉風呂はしゅわしゅわする感じはないものの、硫黄臭がわずかにします♪

ここはガチのパワー系温泉で本当に来て良かったです♪

温泉好きそうな方もたくさんいて広さも施設も良いので、お客さんも多くテレビにもよく出ている施設だというのも頷けます♪

浴槽縁には析出物が付着していて濃さが解ります♪
f:id:jiffwatson:20180804214025j:image

帰りはバスまで時間があったので歩きました♪

7キロ(≧∇≦)

炎天下で死ぬかと思いましたがいい思い出になりました(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180804214150j:image

暑くてフラフラしましたが、懐かしい気分になります(≧∇≦)

山に囲まれた田舎道を徒歩で歩くのはいいですね♪
f:id:jiffwatson:20180804213958j:image

五重の塔とかいう謎のお店(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180804214005j:image

小坂駅近くに戻ってくるとチラホラお店があります♪

ただ、ここまでの道のりにコンビニは一件もありません(≧∇≦)

たまに出現する自販機と、途中に一箇所ある道の駅が回復ポイントです(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180804214042j:image

すごいところに家が建っています(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180804214154j:image
f:id:jiffwatson:20180804214035j:image
f:id:jiffwatson:20180804214157j:image

約1時間40分かけて駅まで戻ってきました(≧∇≦)

温泉に入った意味がないほど汗だくになりまして(≧∇≦)

 

☆温泉評価表☆
ひめしゃが一号源泉
泉質 ナトリウム-炭酸水素塩、塩化物冷鉱泉 (等張性 中性 冷鉱泉
源泉温度 24.3度
噴出量 間欠泉の為測定不能
加水 ×
加温 ○
循環 ×
塩素消毒 ×
お湯 ☆☆☆☆☆
湯上り感 ☆☆☆☆
施設 ☆☆☆☆☆
清潔度 ☆☆☆☆
コスパ ☆☆☆☆☆
ドライヤー風量 ☆☆☆
アクセス難易度 ☆☆
総合 ☆☆☆☆☆

住所 岐阜県下呂市小坂町落合1656
電話 0576-32-3434
営業時間 平日10:00-20:30最終受付20:00
土日祝10:00-21:00最終受付20:30
休業日 水曜日
料金 650円

2018年7月 高山本線 災害不通区間バス代替輸送の現状

f:id:jiffwatson:20180804213707j:image

ちょうど18きっぷ のシーズンでもあるし、トラベラーdに誘われて

豪雨と台風の影響で下呂駅から飛騨金山駅の間で寸断されている高山本線の実態を調べてきました♪

線路を土砂が覆っていて復旧できていないので、バスによる代替輸送を行っています♪

 

 

それに伴い大幅に減便され、さらにバスの台数にも限りがあるため乗り切れない場合があるとのことです♪

だいたい1日に数本しかない、と見ていただいた方がいいので、利用する場合は事前にきちんと計画を練り練りした方がよさそうです♪

 

5:50 大高駅を出発した311系普通岐阜行きは、足回りのガタガタはそのままでしたが、快調に名古屋駅に到着♪

トラベラーDを待ちます♪

 

6:23発大垣行きに乗り込み岐阜で高山本線に乗り換え♪

 

新鋭のキハ25系、モロ313系の顔そのままですが、上部の前照灯がないんですね♪

転換クロスシートの初期車でした♪f:id:jiffwatson:20180804213633j:image
f:id:jiffwatson:20180804213645j:image

下呂駅に到着すると、既にバスが待機しており、かなり車齢の新しいハイスペックなハイデッカーバスがあてがわれていました♪

座席もリクライニングするし、いっそのことこのまま目的地までいけばいいのに(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180804213629j:image

飛騨金山駅に到着した一行は、高山行きの列車に乗り込みます♪

 

ここで悲惨なことに二次車のキハ25系ロングシートが現れます♪
f:id:jiffwatson:20180804213649j:image

これは悲惨です(≧∇≦)

そもそも、なぜこんな長距離移動する路線にオールロングシートをぶち込んで来るのか(≧∇≦)

謎は深まるばかり(≧∇≦)

そんなこんなで30-40分ほど揺られて、濁河温泉湯屋温泉等の玄関口である飛騨小坂駅に到着♪
f:id:jiffwatson:20180804213659j:image

飛騨小坂駅はかなり雰囲気が良かったです♪
f:id:jiffwatson:20180804213656j:image
f:id:jiffwatson:20180804213703j:image
f:id:jiffwatson:20180804213714j:image

早く運転再開して欲しいですね(≧∇≦)

現実てきに使えるのは次の下呂方面のバスは15:00を過ぎるということです(≧∇≦)

ちょっと大変ですね(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180804213636j:image
f:id:jiffwatson:20180804213711j:image
f:id:jiffwatson:20180804213621j:image
f:id:jiffwatson:20180804213625j:image

中部から鹿児島へ ファンコートランドホテル

f:id:jiffwatson:20180727001921j:image

黄昏って感じ♪


f:id:jiffwatson:20180727001828j:image

またまたへんな航空オタがいますよ、ここは関わらないようにせねば(≧∇≦)

最近はどこにいってもヲタばかりで困ったものです♪
f:id:jiffwatson:20180727001841j:image

ウイングレッドのある737ですね、知らんけど(≧∇≦)

飛行機興味ないんで(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180727001831j:image

ゆうぐれになってきて
f:id:jiffwatson:20180727001925j:image
f:id:jiffwatson:20180727001845j:image
f:id:jiffwatson:20180727001824j:image

搭乗かいし♪
f:id:jiffwatson:20180727001938j:image

鹿児島に到着!
f:id:jiffwatson:20180727001838j:image
f:id:jiffwatson:20180727001834j:image
f:id:jiffwatson:20180727001928j:image
f:id:jiffwatson:20180727001818j:image
f:id:jiffwatson:20180727001935j:image
f:id:jiffwatson:20180727001821j:image

帖佐駅ちかくのファンコートランドホテルに宿泊♪

やすくてよかったですが、周りはほんとになにもありません♪

空港からバスで700円くらい?
f:id:jiffwatson:20180727001931j:image
f:id:jiffwatson:20180727001942j:image
f:id:jiffwatson:20180727001917j:image

JR九州 787系特急車両、キハ40型の特急!?

f:id:jiffwatson:20180729205440j:image

JR九州の車両って独特でいいですよね♪
f:id:jiffwatson:20180729205500j:image

今回はJR九州帖佐駅からスタートです♪
f:id:jiffwatson:20180729205504j:image

宿泊したファンコートランドホテルから歩いて10分くらいのところにある帖佐駅は、こじんまりとした駅でした♪
f:id:jiffwatson:20180729205522j:image

地上の駅が旅情を掻き立てます♪
f:id:jiffwatson:20180729205507j:image

こんなところにも鉄オタがいるのですから困ったものです♪

f:id:jiffwatson:20180729205447j:image

きました♪
f:id:jiffwatson:20180729205433j:image

流石新鋭817系、中身も九州らしくおシャンに仕上がっていますね〜

路線状況の悪さでよく揺れます♪

レールのジョイント音も懐かしい♪
f:id:jiffwatson:20180729205437j:image

車内は明るく素晴らしいですね♪
f:id:jiffwatson:20180729205425j:image
f:id:jiffwatson:20180729205444j:image

787もやってきました♪

登場から結構たちますけど、まだまだ最先端なイメージがありますねぇ(≧∇≦)

f:id:jiffwatson:20180729205519j:image

国鉄型も元気にしてました♪

キハ40?
f:id:jiffwatson:20180729205454j:image
f:id:jiffwatson:20180729205419j:image
f:id:jiffwatson:20180729205412j:image
f:id:jiffwatson:20180729205429j:image

そうこうしてたら、はやとの風が現れました(≧∇≦)

遜色特急だと思うのは僕だけでしょうかね(≧∇≦)

デッキもないし(≧∇≦)

f:id:jiffwatson:20180729205451j:image

たくさんのユニークな車両にあえて楽しかったです(≧∇≦)

消えゆく戦後のドサクサバラック 丸亀駅のdeepスポット 一寸島神社、厳島神社

f:id:jiffwatson:20180801000333j:image

弟温泉ゼット氏がどうしてもというので渋々ついていった曰く付きの神社、一寸島神社、本当は、高校の頃トラベラーDと走破したケッタDEしまなみ海道(自転車でしまなみ海道約100キロを6時間で走りきるミッション)をやりたかったのですが、あっけなく却下されました(≧∇≦)


f:id:jiffwatson:20180801000417j:image

代わりに連れてこられたのがこちら丸亀駅

そう、なんの関係もないけど屋号だけ丸亀を謳っている有名なうどん屋で一躍有名になったこの地名♪

この駅周辺はなんともディープなスポットなんだとか♪


f:id:jiffwatson:20180801000348j:image

まず、駅裏に出ると確かに萎びたdeep感は漂っております♪

クソ暑いけど歩いて見ましょう♪
f:id:jiffwatson:20180801000330j:image

おや
f:id:jiffwatson:20180801000232j:image

レトロや(≧∇≦)

引戸がたまらなくレトロや!

レトロの宝石箱や!(≧∇≦)

かといってこれを見て満足できるわけもなく、文句をぶつぶつ言いながら温泉ゼット氏についていくと、凄い建物を発見しました(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180801000235j:image

ただでさえdeepな雰囲気の街の中に、とんでもないオーラを放つモザイクタイル、豆タイルの建物♪

春駒アパートと言うらしいです(≧∇≦)

 

昔ここは赤線地帯で、ここがまさに新堀遊郭跡なんだそう♪

少し調べると、昭和5年がどうとかいう話も聞くので、相当歴史のある建築物なのでしょう♪
f:id:jiffwatson:20180801000341j:image

うえから貼られた文字は新しく感じましたが、どうでしょう♪
f:id:jiffwatson:20180801000351j:image

タイルが美しい♪

この造りはカフェー建築といい、木造が基本となっていますがその上からモルタルに豆タイルやモザイクタイルを貼り、さらにアーチなどの曲線を多用した当時としてはかなりモダンな造りとなっています♪

全国でも希少になって来ていますが、当時はできる限りのコストと見栄えの良さの折り合いがこの辺りで着いたのでしょう♪

また、門前町には遊郭があるのが定番となっているようで、ほかの方も丸亀やその他の四国の貴重なタイル造りの建物を納めておりました♪
f:id:jiffwatson:20180801000246j:image

少し歩くと廃墟が♪

商店造りの家、昔は何かお店があったのでしょう♪

見るからに酒屋やがな(≧∇≦)

知らんけど(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180801000405j:image

そこから丸亀駅に戻り、またすぐ近くを行くと、、、
f:id:jiffwatson:20180801000426j:image

とんでもないところに出くわしました(≧∇≦)

一寸島神社(いつくしまじんじゃ)

といい、旧字だと厳島と書かれている支柱を発見しました♪

鳥居の中にバラック、それも戦後すぐ建てられたであろう建築物が、少し崩壊してはいるものの、ほぼ完璧な状態で現像していて、しかもそれが神聖な神社の中にあるという奇妙さ!

トタンの錆が鳥居に移っています(≧∇≦)

 


f:id:jiffwatson:20180801000345j:image

戦後のドサクサ建築という、謎な建築物なので所々歪んでいたり壊れていたりします♪

元々戦争で土地の登記台帳等が焼けた事を良いことに在日だったりコスイ人が住み着いたと書かれていますね♪

現在ほとんど人は住んでいないようですが、一戸だけ人が住んでいました♪

ほんの少し挨拶を交わしただけですが、感じの良さそうな方と、白人系の外国人?の方が住まれていました♪
f:id:jiffwatson:20180801000315j:image

今では考えられない建材の隙間(≧∇≦)

冬は寒く夏は暑い仕様(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180801000421j:image

戦後適当に作られたものが、ここまでこのままの状態で残っているというのは凄いことです♪
f:id:jiffwatson:20180801000308j:image

縁日には出店、屋台を兼業していたというこのバラック

まだまだ至る所にあると思い込んでいると、いつのまにか目にすることがなくなっていく消えゆく昭和遺産がまだ残っています♪
f:id:jiffwatson:20180801000228j:image

電気メーターですかね(≧∇≦)

錆びててよくわかりません(≧∇≦)

電気の引き込み線は架空でまだ残っていました(≧∇≦)

電力メーターは動いているか確認していませんが、もしかしたらまだ電気が来ているかも?
f:id:jiffwatson:20180801000318j:image

まどに垂れたコンセントプラグ(≧∇≦)

廃墟感漂います(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180801000223j:image

割れた窓からは内部の様子が伺えますら♪

ほんの少し前まで

人が生活していたような気配がありますね♪

こういったところは、無人になったら消滅も早いので沢山思い出に残しておきましょう♪
f:id:jiffwatson:20180801000301j:image

左端には厳島、と書かれています(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180801000243j:image

本堂で手を合わせて帰ります♪
f:id:jiffwatson:20180801000402j:image
f:id:jiffwatson:20180801000326j:image

明治22年

由緒ある神社ですね♪

バラックと共存するようになって久しいですが、いつまで持つのか怪しい状況です(≧∇≦)

見た感じそう遠い未来ではなさそうなので、早めに訪問しましょう(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180801000311j:image

電柱が木製です♪
f:id:jiffwatson:20180801000337j:image
f:id:jiffwatson:20180801000216j:image

神社の前の閉店したと思われる商店、タバコの自販機は生きていました!

そのほかは全部非稼動♪


f:id:jiffwatson:20180801000250j:image

住民の方がお掃除されていました♪
f:id:jiffwatson:20180801000239j:image

すぐ近くにはこちらの廃墟もあります♪

崩落寸前、立ち入りは厳禁です♪
f:id:jiffwatson:20180801000304j:image

こちらも生活用品がそのまま残されており、少し前まで人が住んでいた様子が伺えます♪
f:id:jiffwatson:20180801000412j:image
f:id:jiffwatson:20180801000253j:image

激渋なレーサーレプリカのバイクが見えます♪

ここに置かれてだいぶ立つようです(≧∇≦)

動かないだろうなー

直して乗りたいなー(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180801000257j:image

クソ暑いのでウドン食べて帰ります(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180801000323j:image
f:id:jiffwatson:20180801000355j:image

高松駅に戻ったらハトが沢山いました(≧∇≦)

高松 カプセルホテル ファーストイン高松

f:id:jiffwatson:20180715231511j:image

高松どころか四国中この週末全然宿が空いてないじゃないか!!

どないしてくれんねん!!

となっていて調べまくった結果、まあなんとか泊まれそうなのがこちら、ファーストイン高松でした♪

お値段3100円♪

いつも思うのですが、それだけ出して寝にくいところに泊まるなら、もう千円か二千円出してちゃんとしたところ泊まろうぜっておもってたんですが、

ちゃんとしたところが空いていないので仕方ありません♪

初カプセルホテルに宿泊です♪
f:id:jiffwatson:20180715231449j:image

いかにも昭和♪

物価が上がれど、3100円で宿泊できるとは最高です♪
f:id:jiffwatson:20180715231525j:image

今回のお宿はファーストイン高松(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180715231457j:image

渋い(≧∇≦)

大丈夫かいな(≧∇≦)

 

受付に行くと、気さくなオカンが対応してくれました(≧∇≦)

あれ、なんか居心地良さそう!?
f:id:jiffwatson:20180715231427j:image

宿泊費3100円を支払うと、自分の使うロッカーの鍵を渡されてそこに荷物や貴重品を放り込みます♪

歯ブラシやタオルなどのアメニティは用意されていて手ぶらでも大丈夫でした♪
f:id:jiffwatson:20180715231636j:image

脱衣所はこちら♪
f:id:jiffwatson:20180715231539j:image

浴室はまあ普通のレトロな感じのお風呂でメイン浴槽、バイブラバスに水風呂とサウナがあります♪

サウナはかなり良かったです♪
f:id:jiffwatson:20180715231535j:image

4階がカプセル、5階が普通のお部屋となっています♪
f:id:jiffwatson:20180715231521j:image
f:id:jiffwatson:20180715231514j:image

ここが今日のお部屋(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180715231528j:image

快適(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180715231532j:image
f:id:jiffwatson:20180715231518j:image

レトロな感じがたまりませんね(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180715231633j:image
f:id:jiffwatson:20180715231504j:image
f:id:jiffwatson:20180715231442j:image

テレビは液晶に換装されていました(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180715231501j:image
f:id:jiffwatson:20180715231445j:image

2階にはサウナ客(カプセル料金で入らずにサウナ料金だけできている客)も使える仮眠室や休憩所、漫画コーナーがあります(≧∇≦)

食堂もあります(≧∇≦)

味はお察しください(≧∇≦)
f:id:jiffwatson:20180715231542j:image
f:id:jiffwatson:20180715231453j:image
f:id:jiffwatson:20180715231437j:image

翌朝、二階にて無料朝食を頂きました(≧∇≦)

煮魚、味噌汁、切り干し大根、昆布の煮物(≧∇≦)

味はお察しください(≧∇≦)

 

思ってたより良くてまたリピートしてもいいなーと思いました(≧∇≦)